疑い追加また追加。..勝利・崔鐘勲、終りはどこ?

qnWNBvB_o

一体終りはオディルカ。剥いても剥いても出る勝利と崔鐘勲の追加疑いにもう大衆もくたびれた。二人はそれぞれコカイン投薬疑惑・食品衛生法違反疑いとわいろ供与疑いが追加で現われて大衆の叱咤を受けている。ネチズンは “悪質の中で悪質”と言いながら非難の声を出している。朝鮮日報は21日 “警察が勝利を既存性売買斡旋疑い以外に食品衛生法違反疑いも追加した”とし “勝利を非公開召還して調査している”と報道した。勝利は2015年硝子ホールディングス代表柳麟錫と一緒に調えたクラブモングキミュジオムを一般飲食店で届けても遊興酒店のように不法運営した疑いだ。一般飲食店で届ける場合遊興酒店より税金を減らす出す。モングキミュジオムは取り締まり直後から去年8月閉業の前まで遊興酒店ではない一般飲食店届けて営業した。一般飲食店の場合食べ物を食べる席を意味する客席でばかりダンスをすることができる。警察はモングキミュジオムが別途舞台を作ってダンスをすることができるようにするなど変則営業をしたと思っている。これに先立ち去る20日MBN ‘8 ニュース’は警察の言葉を引用して “勝利がフィリピンパラワン誕生日パーティ当時性接待はもちろんコカイン投薬したという陳述を確保した”と報道した。警察は去る18日勝利を非公開と呼んで調査し、具体的な投薬日付などを確認の中だ。しかし勝利側は麻薬関連疑いを否認して “情報提供者と対質調査でも受ける。嘘探知機の調査も受ける”と頑強に否認した。先立って性接待疑いで調査を受けた勝利は相次いで起こって疑いが追加される姿だ。先立って時事ジャーナルとインタビューで彼はすべての蟹 “ほらと虚言だ”と強調したが、警察の調査から出た証拠物と疑いは皆勝利を指目している。崔鐘勲は不法動画流布疑いにわいろ供与疑いまで加わって立件された。ソウル地方警察庁広域捜査隊は21日崔鐘勲を刑法上わいろ供与申し出疑いなどに立件して “崔鐘勲が2016年2月ソウル梨泰院洞一帯で警察の飲酒取締りに摘発された時現場にあった警察官に200万ウォンの金品を飢えてしたが警察がこれを断った”と明らかにした。警察関係者は “取り締まりを一警察官がわいろ供与意思を受けたという陳述があって崔鐘勲を立件した”と付け加えた。先立って崔鐘勲はユン総警と癒着疑惑に対して否認したことがある。しかしSBSと電話通話で崔鐘勲がユン総警とゴルフをして、彼の妻にKポップ公演チケットを提供した事実が知られて彼の嘘が現われた。このように崔鐘勲は続いて疑いを否認して、証拠が出れば認める過程を繰り返していてネチズンの非難を浴びている。ネチズンは勝利と崔鐘勲の論難に対して “が機会に芸能界癒着関係すべて暴かれたら”(topl****) “言うゾックゾック嘘なのか?”(good****) “剥いても剥いてもずっと出るのね。.もしたまねぎです?”(dusw****) “だね上に人いないと思ったの”(js12****) “世の中恐ろしいと思って人恐ろしいと思わなくてはならない。真実はいつか必ず明らかになります”(sara****) “ちびっ子が精神状態が腐ったな”(scho****) などの反応を見せている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748677.htm, 2019/03/22 00:00:04]