CG 放送事故で ‘ビッグイシュー’…屈辱の ‘ビッグイシュー’

joqqEvB_o

初放送から静かだった ‘ビッグイシュー’だ。しかし去る21日思いがけないCG 事故でドラマ題目のように ‘ビッグイシュー’がなった。その間説得力ない展開と非現実的な話で遅遅として進まない成績を記録している ‘ビッグイシュー’が放送事故で関心を受ける屈辱にあった。21日放送されたSBS 水木ドラマ ‘ビッグイシュー'(シナリオザングヒョックリン、演出イ・ドンフン)では編集がまだ終わらないCG 未完成場面が登場した。製作陣の編集要求事項が盛られた字幕と未完成されたCG などがそっくりそのまま電波に乗った。ここに画面朝廷場面まで登場しながら視聴者たちを驚かした。放送事故場面はポータルサイトとオンラインコミュニティを中心に早く広がり、論難が激しくなった。’ビッグイシュー’ 製作陣は22日公式ホームページに “21日放送された ‘ビッグイシュー’の放送事故に対して深い謝りのこと申し上げる”と謝った。引き継いで “この日放送分の場合状況室及び買ってチャン面などで多数のCG カットがあったがCG 作業が完了することができなかった分量が何回放送された”とし “視聴者皆さんに深くお詫び致す”と言った。それとともに “熱演と苦労を惜しまない演技者とスタッフ方々頃も頭を下げてお詫び致す”とし “今後の放送分ではこんな事が発生しないように撮影及び編集に最善をつくす”と付け加えた。’ビッグイシュー’は視聴率20%台を上回った ‘皇后の品格’のバトンを受け継いだ作品だ。前作の影響を受けると予想したが、遅遅として進まない成績を脱することができない。初放送4.8%で手始め、5%台も過ぎることができない状況。特に ‘ヨングパルが’を使ったザングヒョックリン作家だと期待が高かったが、ベールを脱いだ ‘ビッグイシュー’は期待感にずいぶん及ぶ事ができなかった。視聴者たちは “追っかけマンというおもしろい素材がこんなにつまらないことがあるのか”は指摘をしている。蓋然性が落ちて、故意な展開で共感台形成にならないというのだ。このように作品に対する批判が続いている中にハン・イェスルとジュ・ジンモは主演として自分の分け前を充実にしているという評価を受けている。その間可愛らしいキャラクターで視聴者と会ったハン・イェスルはカリスマあふれる編集長チ・スヒョン役を務めて演技変身に成功した。冷たいながらも高慢で、時にはカリスマあふれる姿を見せてくれて ‘ビッグイシュー’の中心になって劇を導いて行っている。ジュ・ジンモは骨を惜しまない熱演を広げている。彼はホームレス扮装から各種アクション場面まで消化して奮闘の中だ。だけでなく彼は追っかけマンハン・ソクジュの時々刻々変化する感情線も自然に表現して主演として自分の分け前をたっぷりしている。一方 ‘ビッグイシュー’は一枚の写真で那落に落ちた転職写真記者と彼を追っかけマンに引き入れる悪名高い編集長が広げる隠密で熾烈な追っかけマン戦争期を描いたドラマだ。ハン・イェスル、ジュ・ジンモなどが主演を務めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748719.htm, 2019/03/22 10:49:46]