ジョン・ジュンヨンの涙、信じても良いか

mFxEHvB_o

“容赦受けることができない犯罪をやらかしました。捜査機関の請求内容を一切の争わないで裁判所で降りるすべての判断に謙虚に従います。”性関係動画を不法撮影して共有した疑いを受ける歌手ジョン・ジュンヨンが去る21日、ヤングザングシルジムシムサを受ける前裁判所の前で取材陣に言った言葉だ。事件が起こった後、終始一貫平気な姿を見せたジョン・ジュンヨンだがこの日は少し他の姿だった。A4用紙に直接書いた文を手探りで読み下して行ってふらりとだったからだ。しかし一刻ではジョン・ジュンヨンのこんな行動を置いて ‘鰐の涙’と言いながら責めたりした。’ボニングソン事態’で初めて拘束された芸能人になったジョン・ジュンヨン。彼が流した涙をどう解釈しなければならないか。ソウル中央地方裁判所臨民性部長判事は去る21日午前10時30分からジョン・ジュンヨンに対する性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなど利用撮影) 被疑者審問を進行してジョン・ジュンヨンを拘束することに決めた。裁判部は “被疑者(ジョン・ジュンヨン)が提出した核心物的証拠の状態及びその内訳など犯行後情況、現在まで捜査経過などに映してみれば証拠隠滅の恐れがある”とし “犯行の特性と被害者側法益侵害可能性があるから被疑者に対する拘束事由とその相当性が認められる”と判決理由を伝えた。令状実質審査があった日ジョン・ジュンヨンは予定された時間より1時間早い午前9時30分頃裁判所に出席した。自分が準備した ‘謝罪文’を取材陣の前で発表する時間が必要だったからだ。ジョン・ジュンヨンは裁判所に入る前 “容赦受けることができない犯罪をやらかした。すべての疑いを認める”と頭を下げた。引き継いで “捜査機関の請求内容を一切の争わないで裁判所で下ろされるすべての判断に謙虚に従う”と話した。彼は引き続き “私によって苦痛受けた被害女性分科何らの根拠なしに口舌に上がって2次被害を被ったヨソングブンドル、私に関心と愛情を見せてくれた皆さんに謝る”とし “これから捜査過程でまじめにイムして一生反省しながら生きて行く”と付け加えた。その過程でジョン・ジュンヨンは涙を見せた。多くの人々はこんなジョン・ジュンヨンの ‘涙’が緻密な計画と言いながら強い疑問を抱いたりする。形量を減らすための目的というの。罪を悔やむ態度といっしょに裁判所に判決に順応する方が最終宣告で有利に作用するからだ。ジョン・ジュンヨンの涙、そして直接使って来た謝罪文の中本気まで疑われることはどう思えば当事者に苛酷なことがある。しかしジョン・ジュンヨンを向けて大衆が厳格な定規を突き付ける理由は ‘戦績’があるからだ。3年前、ジョン・ジュンヨンは私は彼女を密かに撮影した疑いを受けて記者会見を開いて謝ったことがある。当時彼は人々の前から “本気で申し訳ない”と首を下げた。しかし一歩遅れて明らかになった事実は彼が記者会見に先立って知人に “申し訳ないふりをして来る”というメッセージを送ったということ。ジョン・ジュンヨンはこの日約3時間位拘束審査を受けた後縛り繩に縛られたまま現われた。裁判所に入る時と180度立場(入場)の変わった彼は零れ落ちる取材陣の質問にも黙黙無答に一貫したまま頭をがっくり下げてあらかじめ用意された車に乗って留置場に向けた。そしてこの日夜8時50分頃ジョン・ジュンヨンの拘束が決まった。彼がこの日流した涙の ‘真実’と ‘嘘’は実は重要ではない。ジョン・ジュンヨンが支払わなければならない対価は涙と無関係に重くて厳重ではなければならないというんだ。”一生反省しながら暮す”と言う彼の言葉が本気ならそれに相応する法的代価を受けなければならないのが当然だ。たとえ本気ではない ‘鰐の涙’でも同じだ。過ちが分からないこれには法の厳格さを通じて自分がつけた罪の重さを知らせてくれることができる。そして何より重要なことは被害者たちが経験した苦痛を少ないがそれでも補償受けることができる理由期のためだ。拘束されてから一日、彼がどんな処罰を受けるようになるか大衆の目と帰宅一ヶ所に集まっている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748770.htm, 2019/03/23 00:00:02]