バレンシア球団オーナー娘つけリーム “アリーナ性接待実はではないの”

X4N0QvB_o

シンガポール国籍のバレンシア球団オーナーフィルムリームの娘つけリームが ‘ボニングソンゲート’と無関係だと明らかにした。つけリームは23日自分のSNSに “2015年12月9日起こったシンガポール友達と一緒に韓国にあった”とし “私たちはアリーナに行き、勝利が私たちのためにVIP テーブルを取ってくれた。私たちどうし楽しんだ後その所を発った”と性接待疑惑に対して解き明かした。去る23日放送されたSBS ‘それが分かりたい’では勝利がクラブボニングソン事業のために海外投資者に手を伸ばしたと伝えて財力家と親しみを公開した。’それが分かりたい’と言う彼らの中にシンガポール国政のある女性も含まれていると言った。このシンガポール国籍の女性が論難になっているバレンシア球団オーナーの娘つけリームであると知られた。しかしつけリームは “その所で友達どうし遊んだ。我が外に同参した後援者やスタッフはなかった”とし “当然他の ‘女’たちとパーティーをしてくれと頼んだこともない。単純にその日その所にあったという理由で事件にかまけた。誤った時間に誤った場所にあっただけ”と言いながら悔しい立場(入場)を伝えた。引き続き彼は “ニュースが裂ける前ボニングソンと勝利事業と係わる犯罪に対して分からなかった”とし “また私を言及するマスコミがあったら私の弁護人側の連絡を受けること”と言った。一方キムリムは韓国でモデルに活動した人物で、スペインフリメガリガバレンシア球団オーナーの娘であり、硝子ホールディングス代表ユさんとも懇意な間で知られた。勝利は2015年12月9日知人兼職員であるキム某さんに “つけリームが韓国へ来た。クラブVIP テーブルを取ってくれなさい”と指示して仲間である男性たちのために ‘よく与える女達を呼んで来なさい’と言ったカカオトーク内容が現われて論難になった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748831.htm, 2019/03/24 14:27:53]