‘偶像’で会った限界

C14yUvB_o

断然独歩的だ。’強いキャラクター’を更新している俳優チョン・ウヒは毎度予想することができなかった姿で観客と向い合う。むしろ彼が平凡な人物を演技するのが ‘ぎこちないじゃないか’という気がするほどだ。そんなチョン・ウヒが今度にも予想を脱する配役に帰って来た。生存のためなら何でも躊躇しない朝鮮族女人で言葉だ。11日ソウル鍾路区八判洞一カフェで映画 ‘偶像'(監督イ・スジン)の封切りを控えたチョン・ウヒに会った。実際会った彼は強いエネルギーを持っているんと言う(のは)予想と違い素朴で大ざっぱな姿だった。特にインタビューに一緒にする多くの記者にいちいち目を合わせていきながら気配りする姿が印象的だった。チョン・ウヒはイ・スジン監督と ‘ハン公州’に引き続き ‘偶像’で二番目会った。今度作品で彼は事件の真ん中置かれている朝鮮族女人ツェリョンファ役を務めて熱演した。彼が今まで引き受けたキャラクターの中で一番強烈だと言っても過言ではない。”事実 ‘ハン公州’を受けた時は ‘私のことだ’という確信がありました。ところが ‘偶像’はどんな恐ろしさがあったんです。あの時イ・スジン監督様が ‘これ他の俳優がすればお腹が痛くないの?’とおっしゃいました。それで斉家 ‘それでは楽に他の俳優たちにすべて回してみなさい。多分この配役すると言う人出ないんだ’と言ったんです。誰も貪るに値する配役だが誰も易しく決めることができなかったんだから。またたまたま ‘哭声’が封切りする時なので強いキャラクターに対する恐れがありました。ところが (お正月)拝啓先輩が ‘これはチョン・ウヒなのに?’と力を加えてくださって私にまた来たことで分かっています。あの時は恐ろしさが期待感にちょっと変わったようです。”多分多い人々がチョン・ウヒを思い浮かべれば映画 ‘切ったら’でボンドに中毒された女子高生賞味役を思い浮かべないかと思う。一番最近作品を言わば ‘哭声’の無名重量挙げあって、’ハン公州’ の中ハン公州役もある。この外にも ‘ある日’ ‘解語花’ ‘ビューティーインサイド’ ‘お客さん’ などにも出演したが、そうしてみればチョン・ウヒが特に強いキャラクターを引き受けた時打率が高くなかったかと思う。’哭声’ ‘ハン公州’ ‘切ったら’ などが彼の代表作と呼ばれるからだ。”結局は大衆が願うのが私のそんな姿ではないかと思いますね。他のキャラクターを願うからといってできるのではないから。幸いにも今年はコミック演技でお伺いすることができるようです。イ・ビョンホン監督様と ‘メールでが体質’という作品をするんですよ。ハン・ソッキュ先輩が ‘ウフィなのお前はこんな姿を見せたことがないからありのまましても良い。楽にさせろ’と助言を言ってくださいました。力になるんですよ。”その間強烈な配役を多数演技して来たチョン・ウヒだが ‘偶像’だけは易しくないと言った。彼はその理由で故(故) キム・ジュヒョクを指折った。2017年tvN ドラマ ‘アルゴン’で呼吸を合わせたことがあるキム・ジュヒョクが急に世を去ると俳優として懐疑感を感じたというのだ。チョン・ウヒは “(キム)ズヒョック先輩仕事を経験して撮影する時たくさん崩れた”と控え目に口を割った。”その間限界を見ると言ってそれを飛び越えて成長しようと努力したの挫折したことはなかったです。延期的な意欲を失ったこともないですね。ところでズヒョック先輩仕事を経験しながら崩れました。映画のため、演技のためにすべてのものがすべて燃やされたと言う位盲目的にして来ている途中その事が起こってから延期がつまらなく感じられるんですよ。それとともに私が思ったより何もない俳優と感じられるからあまり自信感がなくなったんです。あの時入って来た作品はすべて断ったんです。”しかし思いきり憂鬱さに閉じこめられていることはできなかった。これから進むために突破口が必要だった。チョン・ウヒは “私を痛くすることも笑うようにすることも結局は延期のようだ”とし “延期で解決した”と言った。”時間が経つから解決してくれた部分もあっていました。ヒムドンシガン間延期とへだたっていたんですよ。旅行に行って延期考えをふるい出しました。そうしてから ‘堪えて’という作品で興味を探したんです。私が延期のため傷ついて大変でも結局延期で慰労バッヌングナという気がするんですよ。その後で心の安定度取り戻してはたいてしまうことができたようですね。”約2年余間の痛い時間をボネソなのかチョン・ウヒはいっそうもっと堅く見えた。彼は ‘偶像’で一緒に呼吸を合わせたハン・ソッキュとソル・ギョングも大きい力になったと言った。”撮影しながら初めて感じた戸惑う瞬間を経験した時自分も分からなく牛耳られてマインドコントロールがならなかったことがありました。あの時先輩たちを見た時どんな状況でもやりこなす姿を見たんです。内攻がオマオマオマハダと思いました。この事をしながらいくら多いことを経験しました。本人自らも童謡されて、外部的な評価に搖れる時が多かったでしょうに今まで立派な演技を広げて来たのが本当にかっこいいと思います。”チョン・ウヒに ‘ハン公州’が自分の存在を世の中に知らせてくれた作品なら ‘偶像’は俳優人生の前後を配った作品になった。”私が延期に対してとても刀みたいな面があっています。俳優はどうしてもやりこなさなければならないという考えをいつも持っているんですよ。苛酷な位に自らに冷情に対したんです。’偶像’をしてから自分を多読であることができるようになったようです。私もハン・ソッキュ先輩のように着実に演技することができる俳優になりたいです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748729.htm, 2019/03/25 05:00:02]