“機先を制圧”…ストレイキッズが作り出した力強い ‘迷路’

E5WUXvB_o

“毒、わな、毒茸一度敷いてみなさい。結局に私は生き残る。どうしても生き残って!”まどろみ ‘強い’ 青年になったグループストレイキズが帰って来た。どこにも負けない強烈なぶんなぐるのを取り揃えたまま言葉だ。25日午後4時ソウル広津区イエス24ライブホールでグループストレイキッズ新しいアルバム ‘クレーウォン :迷路(Cle 1 :MIROH)’ 発売記念ショーケースが開かれた。行事は収録曲 ‘スングゾンが’ 舞台、’迷路’ ティーザー映像上映、タイトル曲 ‘迷路’ 舞台、’迷路’ ミュージックビデオ上映、フォトタイム、質疑応答順序に進行された。’スングゾンが’は覇気で固く団結したストレイキッズの一番花火みたいな瞬間を盛った。今日各自の迷路で孤軍奮闘するすべての人のための応援歌と同時に終わりまで確信と幸運を失わないのを祈ってくれる注文のような曲だ。この日ストレイキッズは通常のアイドルグループのタイトル曲ダンスよりもっと手に余ったように見えて速度感あふれる構成の振付で ‘スングゾンが’ 舞台を構えた。以後直ちに ‘迷路’ ティーザー映像が上映される間舞台の隣でしばらく呼吸を選んだ後もう一度 ‘迷路’ 舞台を広げた。早いビートと強烈な振付で構成された二曲の舞台をぞくぞく構えたストレイキッズのライブは一寸の振動もなかった。舞台が終わった後個人フォトタイムが進行されて一番最後の手順である末っ子子供円の撮影が終わるとすべてのメンバーたちが舞台の上に上って来てトークタイムを準備した。個人撮影を終わらせた後一人きり舞台でメンバーたちを待った子供円に走ったバングチァンは彼にハイパイブを請じた後、メンバーたちを一列で立ててポジションを整理した。部屋賛意リーダーシップあふれる統率の中進行されたフォトタイムが終わってトークタイムが始まった。’クレーウォン :迷路(Cle 1 :MIROH)’はタイトル曲 ‘迷路’を含んで合計8トラックが収録されてメンバーたちが田穀作詞、作曲に参加した。各トラックごとにストレイキッズの勇気と挑戦がとけていて音楽的な変化はもちろんメンバーたちの成長もうかがうことができる。’迷路’は険峻したジャングルみたいな迷路に初足を踏み出すストレイキッズの覇気と抱負をあふれるように盛った曲だ。ストレイキッズだけのエネルギーと抱負を効果的に表現してパフォーマンスにはニュージーランド伝統踊り ‘ハカ(HAKA)’とドミノスキルをとかし出すなど風変りな試みを盛った。スリラチァ(バングチァン、チァングビン、たいてい)が直接作詞して海外作曲家Brian Atwoodと共同作曲した。特にスリラチァはタブラインにも参加して特にバングチァンはアイドルとしては珍しくトラック作業もして差別化を加えた。’迷路’はパフォーマンスだけではなく直説的な歌詞、ミュージックビデオまでストレイキッズの勇気と覇気、抱負を盛ったことが特徴だ。曲作業に参加したスリラチァメンバーチァングビンは “今度アルバムで自信感あふれる姿で新しい挑戦をするストレイキッズの姿を見せてくれたい”と明らかにした。’迷路’ 振付の中で両腕を交差して演出した武術動作とも同じ部分はスリラチァメンバーバングチァンが考案した踊ることだ。チァングビンは “バングチァン兄さん(型)のアイデアで構成された ‘ハカ(HAKA)’という振付動作があるのにニュージーランドで選手たちが相手の機先制圧をするために競技手始めの前にする動作で考案した”とし “私どもが新しい所に足を踏む位自信感とぶんなぐるのを多くの方々にお知らせいたしたくて入れた”と説明した。振付程曲の構成も多くの効果音が盛られて新しい感じを与える。’迷路’ 作曲に参加したバングチァンは “‘迷路’で ‘都市’ ‘ジャングル’を表現したくて都市とジャングルの音をたくさん使った”や “例えばサイレン音、自動車音、鳥の音、虎音、毎音などを追加した”と作業過程を説明した。引き継いで “今度アルバムで私どもがたくさん成長しているということを大衆方々から認められれば良いだろう”とし “も評価も評価だが、私どもの音楽を最大限多い人々に聞こえて上げて多くの方々が私どもの音楽で力を得れば良いだろう”と明らかにした。ストレイキッズはデビュー曲 ‘Hellevator’ ‘District 9’ ‘My Pace’ などスリラチァラインが毎度タイトル曲と収録曲作詞作曲編曲に参加するのが強点だ。毎度新しい曲を作業するための負担もあるはず。ここに韓銀 “私どもが音楽を下と大中分たちにお見せしたい音楽的成長に対する欲心がある”とし “外部作曲家たちと作業すれば多方面に助けも受けて刺激も受けるが、一応私どもが直接作った歌で伝えて上げたい話とメッセージがあるからの前でも続いて作詞作曲編曲に参加するようだ”と告白した。去年2018年デビューして新人賞8冠王を席巻して派手なデビューを知らせたりしたストレイキズ。ウジンは “去年に新人賞を8個も受けたが、あまりにも大きい光栄と思う”とし “私どもが努力した影響もあるが、後から応援してくれたペンブンらの努力に本当にありがたいと申し上げたい。今後とももっと熱心にしろという意味で受け入れてもっと努力するグループになる”と伝えた。謙遜さと実力を皆取り揃えたグループ、ストレイキッズは25日午後6時公開された ‘クレーウォン :迷路(Cle 1 :MIROH)’で本格的な活動に突入する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748924.htm, 2019/03/25 18:47:56]