“ひとりにも上手です” パク・ジフン、’L.O.V.E’を我が腹中に保存(映像)

6nPL3vB_o

“私もひとりにもよくすることができるということをお見せしたいです。最大限多様な姿をお見せ致します。”歌手パク・ジフンがグループワーナー院のイメージを脱いでソロ歌手としてときめく第一歩を踏み出した。まだ見せてくれることができなかった魅力が山盛りという彼だ。26日午後6時ソウル市鍾路区祥明大学校アートセンターでパク・ジフンのソロデビューミニアルバム ‘O’CLOCK’ 発売記念ショーケースが開かれた。この日行事にはパク・ジフンと進行を引き受けたパク・キョンリムが参加した。この日パク・ジフンは少し緊張された姿で舞台の上に登場して取材陣にあいさつを渡した。彼は “震えないと思ったが舞台に立つからとても震えますね。ワーナー院活動経験があるが、初めから初めてデビューする気持ちも入って記者様たちがどう見てくれるか期待されてときめきます”と所感を伝えた。”震えた”と告白したが、パク・ジフンはいけずうずうしさと気ばたらきにした時間の間進行されたショーケースを一時も退屈ではなくした。プラハで撮影したタイトル曲 ‘L.O.V.E’ ミュージックビデオに関して話す時は “ファンがミュージックビデオティーザー映像を報告 ‘いよいよ本家に入城した王子様’という反応を見せていたよ”はパク・キョンリムに馬に、”買う本家はプラハなのに、今記者様たちをお会いしにソウルに上京しました”と答えて現場の笑いを催した。初めて外国で進行されたミュージックビデオ撮影当時エピソードも解いて置いた。パク・ジフンは “性入口で踊る場面があるが、底がとてもデコボコするんですよ”と言いながら “それでダンスをする度にすごく控え目になりました。それでなく難しかったり大変な点がなかったです。スタッフ方々科グァンギェザブンドルがよく手伝ってくれて無難に仕上げされました”と助けを借りた人々を念頭に置いて説明した。この日ショーケースを終えながらもパク・キョンリムは “はじめから最後まで周辺人々を気配りするパク・ジフンの姿が付け出した”と仕上げメントを渡したりした。引き続きパク・ジフンは ‘L.O.V.E’については ‘最愛曲'(一番好きな曲)と表現した。引き継いで “どうしてもタイトル曲だから一番愛情が行きます”と言いながら “作業もとても遅く終わりました。作曲家兄さんもちゃんと出なければならないと言ってくださって熱心に汗を流しながら作業しました”と明らかにした。タイトル曲録音当時を回想して “‘ジフンよ。皆好きだが、一回だけまたやってみよう’と言う言葉をとてもたくさん入りました”と言ってはにかむように笑ったりした。タイトル曲とミュージックビデオに関する説明が終わって、舞台を見せてくれる前にパク・ジフンはちょっと緊張する姿を見せた。彼は “こんなに良く言ったが、実際に結果物をお見せしてからは記者様たちががっかりするのではないか心配になります”と言って頭を掻いた。ここにパク・キョンリムが “私を全面的に信じなければならないです”と言うと笑って “それでは記者様、よろしくお願いいたします”と言いながら丁寧にあいさつした後 ‘L.O.V.E’ 舞台を構えた。約4分余間の舞台を終わらせた後、パク・ジフンは一息を入れる前にマイクを取って “もう一度したいですが?”と言って惜しさをあらわした。理由を聞くパク・キョンリムに “‘L.O.V.E’ 曲が本当に良くてまたしたい気がしますね”と答えた。あれほどパク・ジフンは今度アルバムを向けた高い満足度を見せてくれた。彼は “私は ‘O’CLOCK’が本当に満足です。10点満点で計算すれば9点である位です。自分の口で言うことは少しきまり悪いが、本当に良い結果物が出たと思います”と告白した。’L.O.V.E’は清凉なエネルギーが目立つピュチョR&B トラックで、美しい思い出を思い浮かべて愛をもっと育てようとする純粋な男の本気のこもる告白を盛っている。パク・ジフンの感性的な声と一団となって曲の雰囲気を極大化した。’愛するあなた’を表現するために指で相手を示す振付師ポイントだ。パク・ジフンはポイント振付に関して説明する前に先に “一応私がお見せしてから申し上げたほうがましさそうですが?”と言ったフムバンズでリフレーン部分ダンスをした。引き続き席に座ったパク・ジフンは “‘愛する女性’を示す動作です”と言いながら “一度熱心に取ってみます”と言ってパク・キョンリムの ‘ママほほ笑み’を催した。節度ある振付だけではなく男らしいラップと仮声の高音まで行き交ってナムソングスロウムと神秘さを倍加する曲、’L.O.V.E’.パク・ジフンは先立ってMnet ‘プロデュース101 シーズン2’に出演する時とグループワーナー院で活動する当時 “私の腹中に保存”という言葉を流行させて ‘国民低長男’で通じたことがある。大衆に慣れる可愛いイメージではない、ちょっと強烈で男らしいコンセプトの曲を持って来た理由も説明した。パク・ジフンは “もうワーナー院で活動する時もうそんな姿はたくさんお見せしたようです”と言いながら “もうソロ歌手にデビューする位、その間お見せすることができなかった私の新しい姿をあらわしたくてこんなに決めました”と言った。この日ショーケースはパク・ジフンの “願う成績はないです。そうなことでペンブンドルに負担を差し上げたくはないです。ただ私にこんなに多い魅力があるというのを大中分たちにお知らせいたしたい期待と胸のときめきしかないです。年末にはコンサートもしたいが。.. こんなに今後とも延期と音楽活動を着実にしてファン方々科疏通する予定だからきれいに見てください”という言葉とともに仕上げされた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1749028.htm, 2019/03/26 18:48:51]