“変わったというアン・ソヒ”…評価は ‘ワイキキ2’ 視聴者が

FkhcZvB_o

出演する作品ごとに演技論難が絶えなかった俳優アン・ソヒ。しかしJTBC 新月火ドラマ ‘ウラチァチァワイキキ2’では他の姿を見せてくれると抱負を押し堅めた彼だ。アン・ソヒは2008年映画 ‘お熱いのがお好き’で初めて演技に入門した。ワンダーガールズで熱い人気を集めた彼はこれをきっかけで俳優活動に欲張った。以後tvN ドラマ ‘ハートツーハート’ ‘アントラージュ’ 映画 ‘釜山行’ ‘シングルライダー’ などに出演したが彼に向けた延期坪はあまり良くなかった。作品の没入島を破るぎこちない延期で酷評を受けなければならなかった。単調な表情と国語本を読むような感情ない彼の言いぐさが最大の問題だった。特にアン・ソヒはワンダーガールズ解体後俳優活動に専念するために努力した。アイドル服を脱いで、俳優服を着るためにポータルサイトプロフィールまでワンダーガールズの跡を消した。しかし俳優としてそうだと言う結果物を見せてくれることができなかった。彼は映画 ‘シングルライダー’ 以後3年ぶりに ‘ウラチァチァワイキキ2’で変わった姿を自信した。アン・ソヒは劇の中で生計のために世の中すべてのバイトを渉鮮した ‘バイト王’ キム・ジョンウン役を務めた。彼は “壊れることに恐ろしいことはドラマ特性上全然心配する必要ないと思う”と説明した。アン・ソヒは自分の演技力論難を意識したように先立って25日開かれた ‘ウラチァチァワイキキ2′ 製作発表会で言及したりした。彼は “久しぶりにドラマをするようになって緊張もなって心配も多くてときめいたりしながら準備をしている”と言った。引き継いで “前にお見せした姿よりは良い姿をお見せすることができると思う”とし “熱心に撮影している”と自信あるように言った。’ウラチァチァワイキキ2’ 演出を引き受けたイ・チャンミンPDはアン・ソヒに対して “見えないイメージを一度見せてくれたいことがキャスティングの理由だった”とし “最終オーディションの時よく読んだ部分もあってキャスティングした”とキャスティング理由を明らかにした。アン・ソヒは “おもしろく見せてくれたくて、どのようにすればもっと新しくて笑わせるように壊れることができるかどうかに対する悩みをたくさんしながら表現しようと思っている”と言った。25日 ‘ウラチァチァワイキキ2’が1回が放送された中に、視聴者はアン・ソヒの演技力をどう評価しただろうか。酷評で好評に変わるか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748923.htm, 2019/03/26 00:00:03]