‘麻薬投薬疑惑’ パク・ユチョン・ファン・ハナ、対質調査受ける…真実明らかになるか

麻薬投薬疑いを受けている歌手兼俳優パク・ユチョンと彼の私は彼女であるファン・ハナが対質調査を受ける。21日捜査政府によれば京畿南部地方警察庁麻薬捜査隊は今週の内でパク・ユチョンと硫黄するかを呼んで対質調査を進行する方針だ。現在ファン・ハナはパク・ユチョンと一緒に麻薬を投薬したと主張する一方パク・ユチョンは投薬事実がないと否認している。これによって警察は対質調査を通じて真実を選り分ける計画だ。先立って警察は去る4日硫黄するかを逮捕して調査する過程で “パク・ユチョンと今年初一緒に麻薬をした”と言う陳述を確保した。パク・ユチョンが麻薬販売商にお金を振り込んで麻薬に推定される品物を探す姿が盛られたCCTV 映像も確保した。しかしパク・ユチョンは去る10日緊急記者会見を開いて “麻薬を投薬した赤道、勧めたこともない”と明らかにした。また去る17日と18日警察の調査でもすべての疑いを強力否認した。またCCTV 映像に対しては “ファン・ハナのお願いで誰かの口座にお金を振り込み、正体が分からない品物を探してファン・ハナ家に行った”と説明した。一方警察が去る16日国立科学捜査研究院に精密鑑定を依頼したパク・ユチョンの毛髪などに対する鑑定結果は早ければ今週の内に出る見込みだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751128.htm, 2019/04/21 17:56:00]

見なければ一人ぼっち…老若男女一人作った ‘トロット’

“‘ミストロット’ コンサートチケット前売りどのようにするの?”最近故郷にいらっしゃるご両親が急に電話してこんなに聞いた。その間TV 番組や公演に大きい関心を見せたことがなかったご両親の急な質問だった。何日後一団体チャットルームの友達が ‘ミストロット’ 話を言い出した。猫も杓子も涙を流したと思わなかった友達にお勧めした。去年の冬大きい人気を呼んだJTBC ドラマ ‘SKY キャッスル’程熱い反応だった。去る2月28日初放送を始めた ‘ミストロット’はTV朝鮮の親孝行プログラムである ‘恋愛の味’のバトンを受け継いだ。’恋愛の味’があんまり人気を呼んだから ‘ミストロット’ やはりその影響を受けて自然に関心を受けた。しかしプログラム手始めの前、懐疑的な反応も多かった。その間オーディションプログラムは無数に多かったし、大衆はこのフォーマットにくたびれていたからだ。またトロットが老若男女問わず大衆に通じるジャンルではなくて大部分が否定的な視線を送った。しかしベールを脱いだ ‘ミストロット’はこのような憂慮の視線を忽ち洗い出した。視聴者キム某さん(29)は ‘ミストロット’の成功要因を ‘新鮮’を指折った。キムさんはに “若い人々がヒップホップや大衆歌謡ではないトロットを水準級でよく呼ぶというの自体が新鮮だった”と言った。引き継いで “その間トロットは大人たちの専有物だと思って関心がなかったが ‘ミストロット’をきっかけでトロットに関心を持つようになった”と説明した。愛聴者パク某さん(53)は “若い友達がトロットをおいしそうに呼ぶ姿で新鮮さが感じられた”とし “眠気がさすにも我慢してみるほどにおもしろい。再放送でも2~3番(回)ずつ見るほど”と言った。引き継いで “真正性あるように歌を歌う姿では涙も流す”とし “訴える力濃い歌唱力に落ちこむ。友達とも ‘ミストロット’ 話だけ交わす”と付け加えた。また他の視聴者キム某さん(55)は “‘ミストロット’を見て必ずコンサートに行きたくて娘にコンサート前売りを頼んだ”とし “チョー・ヨンピルコンサートより期待される”と言って特別な関心を見せた。このように ‘ミストロット’は視聴者の烈火のような反応に全国ツアーコンサート消息を伝えた。去る12日進行された全国ツアーコンサートチケット前売りはオープン1時間ぶりに約7000席の前売りを記録した。特にインターパークコンサートランキングでソウル ‘孝コンサート’は総合1位、2位は仁川、3位大邱、4位釜山、5位光州、6位天安、7位水原まで合計7ヶ都市が皆順位圏に上がって特別な人気を立証した。’ミストロット’の全国ツアーコンサートの公演企画社CFent キム・ドンミン室長は “最近社会的に事件事故がたくさん起こって緊張をしたが反応が良くて気持ちが良い”と所感を明らかにした。引き継いで “お子さんたちが親に親孝行プレゼントを差し上げることができるように孝コンサートで企てるようになったが反応が良い”と付け加えた。’ミストロット’ 孝コンサートは来る5月4日ソウルを始まりに5月25日仁川、6月8日光州、6月22日天安、6月29日大邱、7月13日釜山、7月20日水原まで合計7ヶ都市で進行される。キム室長は “確かに切符を予約する方々が大部分お子さんたちだった”とし “そんな姿を見ながら他の公演と雰囲気がとても違うのを感じた。企てた立場(入場)で胸がいっぱいだ”と言った。しかし一部視聴者たちは否定的な視線も送っている。’ミストロット’ 視聴者掲示板には審査委員の資格と不公平な判定、評価方式に対する不満文が爆走している。また出演者のエロチックな舞台衣装を指摘する意見も多い。トロットを ‘大人行きます’という認識を持つようになることはこのような衣装と ‘ミスコリア’ コンセプトのためだというのだ。貞徳県文化評論家は “保守的なチャンネルで最適化されたプログラムが出たからよくできたと見られる”と人気の要因を分析した。しかしチョン評論家は視聴率だけでプログラムの成敗を判断することは難しいと言った。彼は “ミスコリアコンセプトの ‘ミストロット’がトロット歌手を見せてくれる方式には否定的”と言いながら “大人感性のコンセプトはこのプログラムの限界と見られる”と評した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751118.htm, 2019/04/21 14:00:01]

7人組みアイドル ‘モストビ’, オリンピック台として交通事故…マネージャー死亡

7人組み男性新人アイドル ‘モストビ’が交通事故にあってメンバーたちがけがをしてマネージャーが死亡した。21日ソウル永登浦警察署によるとこの日午前3時40分頃ソウルオリンピック大路蚕室方向ソウル校と女医校中間地点でモストビメンバーたちが乗っていた乗合車が道路そばのガードレールを突き飛ばす事故が発生するだ。この事故で乗合車を運転したマネージャーが大きくけがをしてソウルであるよ木洞病院に移送されたが、結局死んだ。当時乗合車に乗っていたグループメンバー4人と所属社関係者1人は軽傷を負って病院で治療を受けた。彼らは大邱公演を終えてソウルにある宿所に復帰した中であることと伝わった。メンバー3人は事故発生前車から降りたと知られた。警察は車ブラックボックスを分析して、メンバーたちを相手に買って経緯を調査する計画だ。一方モストビは去る1月 ‘子供ワント油(i want u)’でデビューした新人アイドルグループだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751113.htm, 2019/04/21 10:52:25]

オマイゴル、デビュー4周年迎え ‘ミラクル’が準備した祝い電光板

ドペックトが運営するアイドル週刊順位サイト ‘ペンエンスタ’がグループオマイゴルデビュー4周年祝いサポートを成功して韓国で上映中の電光板を公開した。19日 ‘ペンエンスタ’はソウル2号線地下鉄電光板で上映中のオマイゴルデビュー4周年祝い映像写真を公開した。先月22日 ‘ペンエンスタ’はオマイゴルサポートをオープンして100% 果たした。こういうわけで16日から来る22日までソウル2号線地下鉄43改易電光板広告が確定された。公開された映像にはオマイゴルサポートに参加したファンのメントと写真が羅列されている。ニックネーム ‘オミラクル’は “デビュー4周年おめでとう。ミラクルがいつも愛してる”と伝えた。ニックネーム ‘スングフィエゲイブドック’は “♡オマイゴルデビュー4周年♡ 可愛らしい名前位一生愛だけ受けるのを。.”と祝った。ニックネーム ‘duduchi’は “今ようにいつも輝いてくれ。その横は私たちが一生守るから”と応援した。ニックネーム ‘スング2’は “永遠な私の妖精たちの4周年をおめでとう、君達は本当にOh my girl !”と愛情をあらわした。ニックネーム ‘ノワナボッコッのように’は “オマイゴルデビュー4周年を心よりおめでとう!私たち一緒に花の道だけかけます”と愛情をあらわした。一方オマイゴルは去る2015年 ‘キューピッド’でデビューした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751040.htm, 2019/04/21 00:00:02]

トロット歌手パク・ハイ、セクシーなビジュアルも私はまどろみ “違います”

トロット歌手パク・ハイが新曲 ‘違います’で楽しい魅力を発散しました。去る18日ソウル麻浦区ドリームホールではパク・ハイ2集ミニアルバム ‘違います’ ショーケースが開かれました。この日MCでは薄荷と一緒にMnet サバイバルプログラム ‘プロデュース101に出演した歌手ファン・インソンが一緒にしました。パク・ハイはシースルースタイルのぴったりくっつくツーピースで ‘女神級’ 体つきを誇りました。相議とこんにちはの間ではらはらするように見えるか弱い腰も保護本能を刺激しました。またパク・ハイは長いウエーブスタイルで清純美を加えてさわやかなピンクリップスティックで生気を加えました。一方ネールはブルー系列の空色でポイントを与えて派手さを加えました。一方新曲 ‘違います’と言うパク・ハイのぴょんぴょんとはねる作詞と共に身軽いスイングリズムの新世代トロット曲で郷愁を歌う復古風サウンドとメロディーが特徴です。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751043.htm, 2019/04/21 00:00:03]

フォークソング40年、”お金名誉人気すべて要らなかったよ”

ナムグン・オクブン(60)は晩年少女みたいな清凉な声の主人公だ。彼にだけ時間の止まったように歳月が経っても変わらない姿で、今も相変らず ‘ギターデーバ’ ‘大韓民国フォークソング歌手’でファンの愛をたっぷり受けている。その他を持って歌う目つきは常に美しくて輝く。彼は最初声楽家を夢見た位ウグイス声で生れついた。歌と縁は女子高時代である70年代中盤友達手に導かれて探したフォーク音楽サークル ‘雀を焼いた潜水艦’が運命的道を開いた。以後偶然に参加したソウル明洞真ん中 ‘シェルブルーコンテスト’での優勝が ‘イ・ジョンファン社団’という心強い垣根中に導くようになる。79年初アルバムを出して81年 ‘愛愛誰が言ったか’の爆発的ヒットまで2年がまだかからなかった。’愛愛誰が言ったか’に引き継いで ‘私の愛君のそばで'(83年)のヒットでKBS 放送歌謡大賞新人歌手上と女歌手上を相次いで受賞する。’雪岳山'(84年) ‘再会'(86年) など彼が歌った歌に若者達が沸き返えた。人気と名誉、富(富)が後に従った。人気はすぐ消える蜃気樓だ。嫉妬受けやすい位長くつかんでいることはもっと大変だ。峠はなかっただろうか。筆者は大衆文化記者で活動して彼に会う度に40年目骨を埋めているフォークソング人生と生が知りたかった。三十五番目スペシャルインタビューは春の花が満開した去る19日午後ソウル上岩洞社屋で2時間の間進行された。-この間ヨーロッパを行って来たと聞いた。どうしているのか近況から知らせてくれ。はい、せっかく家族たちと旅行をただいま。お姉さんと甥たちが一緒にした3週間のヨーロッパ一周だったが忙しい日常をふるい出したヒーリングの時間を満喫した感じです。ご両親とお兄さんがずいぶん前世を去った後私の唯一の血肉であるお姉さんと旅行をしながら人生と生に対してとても多いのを悟って感じました。胸手ごわくたくさん満たして盛って来たんです。ただソウルに戻って来るやいなや一つ胸が痛むのはパリメイン・ストリート ‘ノートルダム大聖堂’が炎に包まれたことです。わずか何日の間にニュースを聞いてびっくりしました。よりによって私がパリに立ち寄って最後に目に収めた直後だともっと切なかったんですよ。ナムグン・オクブンは最近スペインを始まりにパリロンドンなどヨーロッパあちこちを旅行して帰って来た。彼は “40年歌手活動をしながら何があまり忙しかったのか私を振り返る機会が多くはなかった”と “歌手としてではなくそのまま家族どうしヒーリングするのに割いた大事な時間だった”と言った。彼はまた “長年の期間シングルで暮しながらさっそうとよく暮らしていると自慢したが家族の垣根は確かに感じが違った”と “旅行の中でノトルダム大聖堂近くまで行ってから時間が迫って急で内部に入ることができずに記念写真だけ撮ったのがちょっと惜しい”と言った。-歌手ナムグン・オクブンを眺めるファンの目は一様だ。デビュー時代から常に相変わらずのその姿、その声に拍手を送る。そんな暖かい愛と関心、とても感謝して幸せです。誘惑を振りはなして私ばかりの色を守ると言うのが易しくないです。トロットで転向しろという歌謡界方々の提議と説得がかなり多かったんですよ。私の一番目信念は分数を守って初審を失わないことです。冒険が嫌いではなく欲張らないという意志です。私はフォーク歌手でデビューした以後音楽的ジャンルはもちろん衣装とヘアスタイルまで常に同じなコンセプトを維持しようと努力しました。ナムグン・オクブンはデビュー以後主に黒い色ではなければ白衣装を固守した。彼は “何気ないのではなくイメージと色は表に見えることだけでも変わることができる”と言う。放送出演も自分の歌スタイルと迎える ‘コンサート7080’や ‘公開音楽会’ 外にはできるだけ避けた。これはトレンドや流行に付いて流れて、人気や大衆的注目を引くことも必要だが自ら追い求めて来た音楽的基準を脱したくなかったからだと言った。周辺の人たちと交感する正課義理も一様で現在マネージャー(金載根)と呼吸だけ19年目だ。-80年代は仮要の全盛期だった。フォークソング歌手としても大衆的人気が相当だった。もちろん活動が遠のく赤道ある。ご両親が相次いで去った時心理的衝撃を受けたこと外には特別に人為的な空白期を持ったことはないです。ほとんどたゆまぬ活動をして来たと思います。それでもそのように見えたのは多分放送によく露出しアンアソでした。ギター歌手たちの舞台は一時代の郷愁のように常に存在し、つながって来たからです。IMF 頃からミサ里にライブカフェが雨後の竹の子のようにできました。ギター歌手を中心にライブ熱風が吹きながらしばらく放送に出演する必要性を感じることができないほどでした。ナムグン・オクブンはデビュー2年ぶりの81年 ‘愛愛誰が言ったか’の成功で名前が世に知られた。引き継いで ‘夢を食べる若者’, ‘私の愛君のそばで’ など発表する歌ごとにぞくぞくヒットしながら大衆から愛された。放送出演・広告渉外が零れ落ちて80年代全盛期が開かれた。お金と名誉は自ずから付いて来た。アルバム活動は遠のく方なので93年 ‘憐愍’と2000年リメークアルバム ‘インスピレーション’, そして4年前 ‘愛'(タイトル曲 ‘鳳仙花’)を出したのが全部。-ミサ里ライブカフェの象徴性を持っていないか。当時初めで ‘出演料1000万ウォン時代’を開いた主人公だと聞いた。そうです、私はカフェ創始期に生じた ‘シェルブルー’に出演したんです。ギター歌手たちが一月出演料が多ければ300~400万ウォンした焚きなさい1000万ウォンは大金だったです。IMF ゾンフヨッウだから社会全般でいちめん経済が大変な時期だったじゃないです。後でカフェが雨後の竹の子できたら競争が付いて3000万ウォンまで聳えたが一部大衆歌手たちの中には億台を取りました。結局コーヒー一杯に2万~3万ウォンずつもらう奇形的構造でカフェ運営が変わり、純粋さが変質されて度が外れた利潤追求にだけ血眼になった雰囲気に嫌気を感じた観客たちが一つ二つ去るしかなかったんです。ミサ里ライブカフェはナムグン・オクブンが仕事がない時新出発するようにきっかけを作ってくれた所だ。出演料よりは自分の歌に歓呼して拍手するファンと交感することだけで思いきり幸せだった。彼は “ミサ里思い出はお腹がすいていても観客たちとの親密な出会い自体で私には大きい意味があった”と言った。開発ブームに地価が高騰してアパートが立ち入りながら現在ミサ里には残っているカフェがユン・シネの ‘熱愛’ など2~3ヶ所に過ぎない。-‘TVは愛を積んで’と言う(のは)プログラムに出演して大声痛哭する姿を見せてくれたが視聴者たちも胸がじいんとした。誰も胸にダムゴサは別離の痛みはあるんじゃないか。二十歳頃シェルブルーで会って一番近くて親密に過ごした友達です。家族たちもお互いによく分かって過ごすほど手厚かったです。音楽を一緒にして一日中付き添いながらも家に帰って来れば直ちに電話をかけて夜明けまでぺちゃくちゃしゃべるほどでした。ところでささいな誤解で遠くなり、移民を去りながら二度と会うことができなかったです。35年間の悔恨が押し寄せて自分も分からなく感情がこみ上げました。ナムグン・オクブンは2ヶ月前 ‘TVは愛を積んで’に出演して人生の仲良し友達を探しに出た。7080 音楽喫茶店 ‘シェルブルー’で会ったおない年友達ハン・ヘジョンだった。ハン・ヘジョンはナムグン・オクブンのお兄さんが世を去って人生で一番大変な時代を過ごした時期にナムグン・オクブンのそばを守ってくれた仲良し友達だった。仲直りする時間も持つことができなかったままハン・ヘジョンが去る1983年シカゴに発って長い別れの帳幕の中に住んだ。ナムグン・オクブンは “会ってみたらその人も他国で相変らず歌を歌ってジプシーのように住んでいたよ”と言った。-ずいぶん前の話だがデビュー時代も知りたい。元々夢は大衆歌手ではなく声楽家と聞いた。誰も夢は変わるんじゃないか。幼くて私は欲心と好奇心が特に高くて大きかったです。サッカーバスケットボールバレーボールバスケットボール運動が好きだったし、音楽と美術にも関心が高かったです。声楽もなかでも一つで。そうする中フォーク音楽サークル ‘雀を焼いた潜水艦’を導いていたク・ジャリョンク・ジャヒョンご兄弟に会った後人生の方向が決まったわけです。特にカン・インウォンさんが多いお手助けになったがライブ舞台出演はその頃うまく行った歌手全英さんのパンク舞台に ‘テムパン出演’したことがきっかけになったです。ナムグン・オクブンは中学校の時もう音楽的才能が現われた才能多い少女だった。学校芸術祭コンクールにソロで出場して入賞した。女子高時代にはフォークソングコンテストに出て注目を引いた。彼は “その時は有名レコード社社長たちがDJクラブを密かにいらっしゃりながら有望新人たちをたくさん掘り出した”と言った。そのやっぱり当時最高のアルバム社だったオアシスレコード社手陣席社長に抜擢して ‘フォークソング1号歌手’がなった。デビューアルバムに入った ‘見たい我が友’はしばらく知られないでつけてから後に ‘愛愛誰が言ったか’ ‘私の愛君のそばで’ などと共に穏かな反響を起こした。-最近音楽活動外にポップアートという美術ジャンルに凝ったと聞いた。展示会もたびたびするか?自ら美術に才能があると自慢したが歌手デビュー以後には意慾が出す事ができなかったです。90年代初チョ・ヨンナム先輩を通じて会話の深みを悟りながら落ちこむようになったんです。水彩画の基本にアクリル作業を個人教習受けながら自信感が生ずるんですよ。2005年国立医療院美術館開館記念スター展示会にアン・ソンギチェ・ベクホハ・ジョンウイム・ヒョクピルなどとともに初めて作品を出品しました。もう私に音楽と美術は別個であることができませんね。ナムグン・オクブンの領域はポップアートジャンルと呼ばれるイラストだ。その間数百点の作品を多様に表現し出しながら美術評論家から ‘韓国のマティース’という評価とともに実力を認められるほどになった。彼の普段スタイルどおり美術も一領域のみを固守して来た徳沢だ。展示後には一部販売作品外に大部分知人たちに配って50余点のみをおさめている。彼の作品は今週(25日)からコエックス招待展でも展示される。-長い間シングルを固守している。自ら選択した満足した生だと聞いた。時々さびしいで感じるのはないか。幼いごろからなんでもしたいのが多かったです。周辺でそんな質問をたまにするのに率直に私は今もさびしい振ることがないです。友達が多くてのべつ幕無しに似合ううえ山登りゴルフだけ通っても時間が不足です。茶道(茶道)といっしょに花草を育てて、美術作品しますよ、ピルラテス通います、20年目心身鍛錬のために毎日108倍もします。地方公演終えて夜明けに帰っても基本的な運動は必ずします。生きてみたらお金や名誉、愛、人気も良いが何より健康がツェゴドですって。こんな積極的対外活動と共にこのような元気なライフスタイルはナムグン・オクブンが年に比べて若く暮す秘訣になった。周辺に人が絶えないことも普段隣りに対する思いやりと肯定的マインドと一脈相通ずる。小学校時代友達との出会いをおおよそ52年目維持しているという彼は “偶然に稲妻の集まりをしても二十の人は集まるほど仲がいい”と “近い友達であればあるほど偉そうな顔よりはもっと低い姿勢に隔意なしに対しなければならない”と言った。ナムグン・オクブンは70年代後半デビュー以後80年代後半までものすごい人気を享受した。ヤン・ヒウンキム・セファンユン・ヒョンジュなど1世代でヤン・ハヨンチェ・ソンスなどと共に2世代フォーク歌手で命脈を引き継ぎ、最近まで ‘名品コンサート’ ‘浪漫コンサート’ ‘ビッグ4コンサート’ など7080 コンサートで着実に呼吸している。ひとときは超高速成功が持って来てくれた空虚、夢と愛が去った時尋ねて来たスランプ、声帯結節による絶望と挫折も味わった。しかし40年前や今や相変らずギター歌手にぶんなぐったそばに立っている。歌手として彼は “最近誰より幸せだ”と自信ありげに言った。スペシャルインタビューこれに向い合ったナムグン・オクブンは感じから確かに違ってみた。2年目進行中のEBS FM ‘ナムグン・オクブンの日曜音楽旅行’は彼が歩いて来た足跡と同時にファンには希望の通路でもある。ナムグン・オクブンはたびたび手字で書いた ‘名品文具’を知人たちにプレゼントすると言う。筆者の目にはこんな幾多の手字の中で彼がまさに ‘あなたは世の中で一番香ばしくて賢い人’の主人公だった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751085.htm, 2019/04/21 00:00:03]

無視された ‘ポンチャック’の反乱、国民プロの誕生

‘トロットが田舎臭い’と言う言葉は古語だ。トロットを全面に立てたTV朝鮮音楽サバイバル ‘ミストロット’が放送街に新しい風を起こしている。今こそトロットの時代だ。TV朝鮮 ‘ミストロット’は第2のトロット全盛期を導く次世代トロットスターを誕生させるというコンセプトで去る2月28日初放送を始めた。1火から視聴率5.9%(以下ニールセンコリア、有料放送家具全国基準)で出発したこのプログラムは放送2ヶ月ぶりにTV 朝鮮の親孝行プログラムで位置づけた。去る18日放送分が最高視聴率12.9%を記録したからだ。今度記録は総合編成チャンネル芸能番組最高視聴率浮動の席を守ったJTBC ‘ヒョリの民宿’の10.75%を飛び越える数値だ。アイドル、あるいはヒップホップサバイバルがはびこった放送街で ‘ミストロット’の急な登場ははじめから肯定的な反応代わりに憂慮と否定的視線が大多数だった。トレンドとへだたった素材にトロット女帝を夢見る一般人のサバイバル挑戦期が視聴者の ‘ニーズ’にふさわしくないというのが理由だ。トロットを好んで聞く年令層が限定されているということも問題点に指摘された。しかし ‘ミストロット’はむしろジャンルの ‘限界’に指摘された地点をプログラムの稀少性で武器三考参加者達のがっちりしている実力を原動力して最高の人気プログラムで生まれかわった。TV朝鮮チャンネルを視聴する年齢帯が中壮年層という点は放送初盤、’ミストロット’が安定的な視聴率を維持して席を取るのに大きい分け前をした。トロットと言う(のは)ジャンルに慣れた年令層が拒否感なしにプログラムを受け入れて中壮年層外にもTV朝鮮の人気芸能番組 ‘恋愛の味’ ‘妻の味’で新しく流入された若い世代も口コミに乗って ‘ミストロット’を視聴しはじめ、サバイバル形式に進行されるプログラムに興味を見せてユイブドエ期始めたのだ。しかし ‘ミストロット’の最大の力は何といっても実力は基本、各々他の魅力を持った参加者達が多数参加したという点だ。トロットというジャンルが国内音楽市場で既成世代の専有物位に扱われてから以前、このためにトロットを業にすることに決めた人々の中で大多数は長年の時間無名で大変な時間を経験して来た人々が多かったし ‘ミストロット’に出演した挑戦者一命じた人が抱いている話は毎回見せてくれる舞台といっしょにプログラムにふんだんなドラマを加えたという評価だ。この外にも個性があふれる参加者、美しい美貌で ‘残り’を魅入る参加者まで多様な魅力を持った人々がトロット女帝を夢見て ‘ミストロット’に参加して製作陣も既存サバイバルプログラムで珍しいビューティーコンテストコンセプトを借用して参加者一命じた人にスポットライトを合わせて視聴者の集中度を高めた。’ミストロット’ のソ・ヘジン局長は19日に “オーディション飽和時代に新しいフレームを探していた中、チャンネル特性上どうしても慣れたジャンルがトロットなのでトロットオーディションを思うようになった”とし “ただすべての年令層を一緒にすれば良いという熱望に ‘高等トロット’を企ててから挑戦者の数字がとても少なくて挑戦者の年齢を包括的に広げたのが今の ‘ミストロット’の誕生背景”と明らかにした。ソ局長はプログラムの熱い人気に対して “挑戦者たちの実力と真正性が通じることだと思う”と言った。彼は “‘ミストロット’に出た方々は観客2人だけおいてする小さな行事から軍部隊行事まで各種行事に出て歌を歌った方々だ”とし “どうしても野戦で実力を磨き上げたが、非主流というジャンル的特性とアイドル中心の産業から除かれて見ると自分の歌を聞かせる機会がオブオッドンゲ事実だ”と説明した。引き継いで “実力はあるが聞き入れる人と機会を切実に待って来たからプログラムを通じてその切実さが爆発したことだから見る”とし “視聴者たちがその部分を調べてくださって今のように良い結果を出す数イッオッドンゲではないかと思う”と伝えた。製作陣は終わりまでプログラムを愛情のこもった視線で視聴してくれることを頼んだ。残った回送でも開かれる ‘反転ドラマ’を期待してくれという要請も忘れなかった。誰かは田舎臭いと言って誰かは ‘ポンチャック’と無視したりした。またある人はへだたったコンセプトとも指摘した。しかし結果的に総合編成チャンネル史上最高の視聴率を記録して熱い人気をあつめている ‘ミストロット’だ。田舎臭い位誰も共感して楽しむことができるし、子供も大人も易しく従って歌うことができる ‘ポンチャック’の魅力をまともに感じることができるし、トレンドは自ら作って行くことだというガール自ら証明した。TV朝鮮は今年の内に ‘ミスタートロット’をランチングして ‘ミストロット’に盛ることができなかったストーリーを描く予定だ。’ミスタートロット’は来る11月を目標で準備の中だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751066.htm, 2019/04/20 09:00:02]

キム・ヘジュン、’未成年’で跳躍する

今年目立つ新人俳優中一人を指折りなさいと言ったら俳優キム・ヘジュンではないかと思う。去年KBS2 ドラマ ‘最高の離婚’と今年初ネットフリックスオリジナルドラマ ‘キングドム’で顔を知らせて、’未成年’でスクリーンでも活躍した彼は2019年本格的な跳躍を予告した。11日ソウル麻浦区上岩洞編集局で映画 ‘未成年'(監督金尹錫)に出演したキム・ヘジュンに会った。はっきりと現れられた春の気配程派手な姿で登場した彼は編集局を明るく明らかにした。映画で引き受けた不適な女子高生株里とちょっと違う姿だった。キム・ヘジュンは ‘未成年’でパパ隊員(金尹錫の方)の不倫を目撃するようになった17歳女子高生与えようぞ役を務めた。飢えるパパの秘密が分かって衝撃を受けるが、これも少しの間むしろ事件を解決するために主導的に出る。よほどさるものではない。”飢えるおとなしくて感心でかっこいい子供のようです。私は株里を演技しながら関係に対して深く共感しました。パパが間違ったが憎むことができないそんな複雑な感情が現実的じゃないでしょうか。しかし浮気をしたおばさんを尋ねて、おばさん娘である磨きよ(パク・セジンの方)とお下げを取って争うそんな姿は私の生では見にくい姿ではあります。ハハ。演技しながらは共感したが、一方では不思議だったです。”映画初盤、視線を集めるのはパク・セジンが引き受けた磨きよ役だ。しかし後を元気良く連れて行くのはキム・ヘジュンが引き受けた飢える。講壇あって、不適な姿で映画の中心を取る。キム・ヘジュンは “実は初めには磨きよ役が欲しかったが、今来てまた選びなさいと言えば株里のようだ”と言った。キム・ヘジュンは ‘未成年’で俳優金尹錫と監督金尹錫に会った。新人俳優としてはちょっと緊張した法もしかし、彼は “少年のような方”と表現した。”とても親しくチョ諺解注視です。実は金尹錫先輩が映画 ‘1987’で引き受けたパク処長役のようにディレクションをくださるか心配で怖かったが、少年のように明るかったんですよ。ハハ。先輩は監督としても俳優としても私が演技が上手になるように導いてくださいました。良かったんです。”キム・ヘジュンは ‘未成年’で俳優として足場を切り刻むきっかけになったが、今年初公開されたネットフリックスドラマ ‘キングドム’では苦みを見なければならなかった。劇中で領議政嘲謔株(リュ・スンリョンの方)の娘でありながら自分の腹の中子供を王の席に座らそうとするセンター前を演技した彼は ‘演技力論難’で酷評を受けたからだ。もうデビュー5年茶人キム・ヘジュンが経験するにはちょっと手におえにくい関心だった。”自らが惜しかったんです。私の演技と私に対する考えをたくさんしました。しかしずっと苦しがっているには演技者として責任ではないようで早くはたいて乗り越えようと思いました。非難の声は私が忍耐しなければならない部分だからです。早く成長して良い姿をお見せしなくちゃいけないと言う心だったです。堅くなるきっかけになり、堅くならなくちゃいけないと言う考えをしました。”キム・ヘジュンはストレス解消のためにこの時から集め始めたの。彼は “一焚くコインカラオケによく行って歌を歌った。防弾少年団の歌をよく歌った”と笑ったように見えた。それとともに “最近は歩きながら自らに対する考えをするのがストレス解消法になった”と言った。キム・ヘジュンは出演する作品ごとに他の顔で現われる。確かに同じな人なのに、毎度新しい俳優を見るようだ。彼はこれを自らの長所として挙げたりした。”多くの方々がそれほどおっしゃってくださるんですよ。周辺人々に ‘弟(妹)似ている’ ‘いとこ弟(妹)似ている’.はなはだしくは ‘外叔母似ている’と言う話も聞きますよ。ハハ。私が周辺に一二人ずついるイメージのようです。初めには良くないと思ったが、一イメージに限らないようで良かったんですよ。この姿をもっと発展させたいですね。”去年忙しい日々を過ごしたキム・ヘジュンは今年も手まめに延期活動を引き続く予定だ。’未成年’ 広報活動を始まりに、来る5月からはネットフリックスドラマ ‘キングドム2’ 撮影に突入する。最近多くの作品でいっそう成長するきっかけになったと言う彼は ‘未成年’で ‘良い大人は何か’に対して思うようになったと言った。”大人、良い大人をどう断定作り大変だったんですよ。ただ私はすべての人が好きなおとなになるための道に行っていると思います。死ぬまで完全な大人はいないようですよ。もうちょっと成長して、淘汰されないように、恥ずかしくない考えをすることができるように進むのです。私たちは皆未成年だからです。私も良い俳優より良い人が先になります。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751014.htm, 2019/04/20 09:00:02]

防弾少年団からカンダニエルまで…ドペックトミュージックオウォズ、熾烈だった投票締め切り

いつよりも熾烈だった ‘U5G ドペックトミュージックオウォズ'(U5G THE FACT MUSIC AWARDS, TMA) オンライン投票戦争が幕を閉じた。20日 ‘U5G ドペックトミュージックオウォズ’ 組織委員会は “去る1日正午から19日正午まで約3週間無料に進行された ‘U5G ドペックトミュージックオウォズ’のすべてのオンライン投票が長芋ガムドエッダ”と明らかにした。最終投票結果によって ‘UアイドルLive 人気賞’, ‘ペンエンスタチョイス上歌手’, ‘ペンエンスタチョイス上個人’, ‘ファンラス上’の主人公が選り分けられてどん詰まりまで候補間の激しい競合が開かれてファンの目を一時も学び終わることができなくした。’U5G ドペックトミュージックオウォズ’ 公式ホームページを通じて公開された最終投票結果によれば ‘UアイドルLive 人気賞’は防弾少年団が余裕を持って他の候補たちを追い抜いて1位を占めた。スーパージュニアと防弾少年団の熾烈な2巴戦に展開された ‘ペンエンスタチョイス上歌手’はスーパージュニアに帰った。’ペンエンスタチョイス上’は去年から投票の前までペンエンスタ活動指数を土台で等級別投票権が差等支給されてずいぶん前からペンエンスタで活動をして来たスーパージュニアファンの終盤の底力が輝かしくて1位席を守り出すことに成功した。’ペンエンスタチョイス上個人’はカンダニエルが圧倒的1位を占めたし ‘ファンラス上’はA.C.EとJBJ85の熾烈な合戦が開かれたあげくA.C.Eが最多得票の主人公になった。’U5G ドペックトミュージックオウォズ’は ‘ペンエンスタ’のオンライン年末オウォズをオフラインで拡大改編した授賞式で、国内では唯一にスターとペンによる、ファンのための祭り形式に進行される。防弾少年団からトゥワイス、レッドベルベット、ママム、アイコン、モンスタエックス、ストレイキッズ、ダボ伊豆、庁下、彼女、某某ランド、(女)子供達、スーパージュニア、ニューイーストなど国内最上級アーティストたちがラインナップに合流した中に、連日ホットした歩みを引き続いている大勢俳優たちまで授賞定木に出撃して ‘U5G ドペックトミュージックオウォズ’に向けたファンの期待感はもっと高くなっている。一方、UアイドルLiveと一緒にする ‘U5G ドペックトミュージックオウォズ’は来る4月24日仁川南東体育館で派手な幕をあげる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751073.htm, 2019/04/20 08:05:02]

間・ハリウッド進出から麻薬・集団性暴行まで

しばらく冷たい風が吹いた芸能界も春を迎えているようにします。事件事故が絶えず起こる中ににもいくつかの良い消息が聞こえていますよ。4月第3週は特に雪道行くニュースが多かったです。グループ防弾少年団が国内を越えて海外でまで認められて各種記録を立てました。映画 ‘寄生虫’と ‘悪人前’は第72回間国際映画祭に招かれました。俳優マ・ドンソクと専従ではハリウッド映画出演を検討の中という消息が聞こえて関心を受けました。しかしパク・ユチョンの麻薬投薬疑惑とジョン・ジュンヨン、崔鐘勲の性暴行疑惑は大衆の眉をひそめるようにしましたね。4月第3週、芸能界で起こったことを行って整理してみました。防弾少年団、カムバック後新記録行列19日ギネスワールドレコードによれば防弾少年団は新曲 ‘小さいものなどのための時'(Boy With Luv)で ‘ユーチューブで24ひまを見て一番多く見たビデオ’, ‘ユーチューブで24ひまを見て一番多く見たミュージックビデオ’, ‘ユーチューブで24ひまを見て一番多く本のK-Pop ミュージックビデオ’ など3犬部門の世界新記録を建てました。これに先立ち防弾少年団はアメリカNBC ‘SNL’で全世界最初でカムバック舞台を広げて人目を引いたりしました。世界最大音楽ストリーミング会社であるスポーティファイ(Spotify)でも防弾少年団が韓国歌手最高記録を立てたんです、14日スポーティファイが発表した最新チャート(4月13日付け)に従えば防弾少年団の ‘小さいものなどのための時’は ‘グローバルトップ200′(Global Top 200) 3位を占めました。これは4月12日付けチャートで記録した4位から一階段上がった順位で韓国歌手最高公式記録です。韓国映画、おおよそ二篇や間招請制72回カン国際映画祭執行委員会は18日(現地時間) フランスパリで開かれた記者会見で今年招請作を発表しました。その中韓国映画二本も名前をあげたんです、’寄生虫'(監督ボン・ジュンホ)と ‘悪人前'(監督イワンテ)が第72回カン国際映画祭に競争部門とミッドナイトスクリーニング部門にそれぞれ招請されました。カン国際映画祭は有数の国際映画祭の中で一番権威あって全世界映画ファンの注目度も一番高い映画祭で数えられるが、果して韓国映画が快挙を成すことができましょうか。これに対する結果を確認することができる第72回カン国際映画祭は5月14日から25日までフランス間で開催されて、映画 ‘バードマン’ ‘レボノント:死で帰って来た者’を演出したアレハンドロゴンザレスイニャリトが審査委員長を務めます。マ・ドンソク・専従で、ハリウッド 行 がヌングハルカマドングソックと専従書のハリウッド進出可能性に対する関心が熱いです。アメリカ大衆文化媒体THE WARPは去る17日(現地時間) マ・ドンソクがマーブルスタジオが披露する ‘イトノルス’に出演すると報道しました。しかしマ・ドンソクの所属社ビックポンチエントテインモントは18日に “マーブルから公式的な返事を聞いたのがない”とし “返事を待っている中”と控え目な立場(入場)を伝えました。マ・ドンソクの消息が伝わってから一日ぶりに再び嬉しい消息が聞こえました。専従書の所属社マイコンファニが19日に “専従書が映画 ‘ブルロドムン’ 出演と係わって真剣に論議中の状態”と明らかにしたのです。関係者は “ハリウッドエーシェンシーでオーディション提案を受けて良い機会だと思って参加するようになった”とし “出演確定ではない”と伝えました。▼ パク・ユチョン、麻薬投薬疑惑奥さんまた奥さん麻薬投薬疑惑を受けているパク・ユチョンは17日警察に自進出頭して9時間余にわたった調査を受けたんです、調査途中疲れを訴えて早期帰りました。しかしこの過程でパク・ユチョンが体毛大部分を制帽したことが現われて証拠隠滅疑惑がはみでました。また警察がパク・ユチョンの麻薬投薬疑いを立証するに値する情況証拠が盛られたCCTV 映像を確保しました。ここにパク・ユチョン側は “盛んに活動した時代にも周期的に制帽をした。警察は制帽を全然しない足毛などを毛根まで採取して国立科学捜査研究院に精密鑑定を依頼した”と否認しました。パク・ユチョンは翌日の18日にも警察の調査を受けたんです、8時間ほどの調査を受けたパク・ユチョンは相変らず疑いを否認していて早いうちにパク・ユチョンとファン・ハナの対質調査が行われる予定です。▼ ジョン・ジュンヨン・崔鐘勲、もう集団性暴行疑惑まで18日ソウル警察庁広域捜査隊はジョン・ジュンヨンなどが参加したカトックチャットルームで性暴行事件が発生した疑惑と係わって写真・音声派であるなどを確保して事実関係を確認の中だと明らかにしました。先立ってSBSfunEはいわゆる ‘ジョン・ジュンヨンカトックバング’に参加していた5人から集団性暴行にあったという被害女性A さんがカトックバングに流布した音声ファイルと写真、彼らが交わした対話などで自分が彼らに性暴行にあったという事実を一歩遅れて確認したと報道しました。しかし崔鐘勲は自分の弁護人を通じて “A さんと同席したことは当たるが性関係を持たなかった”と否認している状態です。警察はA さんの所長が受付され次第に捜査に取り掛かるという立場です。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1751059.htm, 2019/04/20 00:00:02]